C.P.A.ニュース

チーズ総選挙!2020

2020年6月25日掲載

チーズ総選挙!2020

昨年12月から今年3月までの期間で実施した『チーズ総選挙!2020』。たくさんの投票があり、C.P.A.会員周辺の皆さんが好きなチーズが判明いたしました。
記念すべき第1回の総選挙でトップに輝いたチーズは、
第1位 Comté(コンテ)でした。
投票開始からダントツで1位となり、他のチーズの追随を許さずそのままゴール、といった印象です。
<投票した人のコメント>
初めてコンテを食べた時のホクホクとした、まるで栗のような食感とミルクの優しい味わいが、私がチーズ好きになったはじまりです。
●コンテの素敵なところは季節がしっかり個性として現れるところだと思います。夏造りのコンテの青草の香りがほのかに薫るのは何にも替えがたい美味しさだと思います。
鉄板の美味しさ、いつでもどこでもだれとでも美味しい。
●毎日食べてます!
24ヵ月熟成にメロメロです。
●おいし過ぎて敵いません。 そのほか多数のコメントを頂戴しました。

これらのコメントからコンテのおいしさがよくわかりますし、投票した人のコンテ愛が感じられます。

コンテチーズ生産者協会では積極的に販売店情報やレシピの紹介、プロモーションなどのPR活動を行なっています。WEBサイトも充実していますので一度ご覧になってはいかがでしょうか。
http://www.comte.jp

第2位 茶臼岳(ちゃうすだけ) 
栃木県の「那須高原今牧場チーズ工房」の山羊乳製チーズです。この工房では、茶臼岳のほかにもウォッシュチーズの「りんどう」やフレッシュチーズの「ゆきやなぎ」セミハードの「みのり」など、豊富な種類を造っています。
茶臼岳は少量生産・数量限定ですので、食べたいと思った人は通販情報をチェックしましょう。

https://ima-cheese.com/

第3位 勝馬蹄(かちばてい)
茨城県稲敷市にある「新利根チーズ工房」がつくる、馬蹄形のチーズです。起源は定かではありませんが、西洋では馬の蹄鉄には魔除けや幸運を呼ぶチカラがあるといわれ、今でも家の玄関に飾ったり女性のアクセサリーのモチーフになっています。ちなみにこの勝馬蹄は、同市にあって競馬関係者が訪れる『勝馬神社』にも毎年奉納されているそうです。
見た目のユニークさに目を奪われますが、美味しいからこその第3位。ぜひ一度お試しください。

新利根チーズ工房フェイスブックページ


チーズ総選挙!2020 結果発表(1~10位まで)
1位 66票 コンテ(フランス)
2位 55票 茶臼岳(栃木・那須高原今牧場チーズ工房)
3位 45票 勝馬蹄(茨城・新利根チーズ工房)

4位 33票 エポワス(フランス)
5位 17票 ボーフォール(フランス)
6位 16票*3品
 ・ブルースティルトン・チーズ(イギリス)
 ・モン・ドール(フランス)
 ・森のチーズ(栃木・チーズ工房那須の森)
7位 15票 パルミジャーノ・レッジャーノ(イタリア)
8位 14票 サント・モール・ド・トゥーレーヌ(フランス)
9位 13票 ロックフォール(フランス)
10位  12票 オッソー・イラティ(フランス)
-・-・-・-・-
これらTOP10のチーズたちは、チーズ好きの人たちが投票した、まさに『今、食べてほしいチーズ』です。一度はトライしてみてはいかがでしょうか。

昨年12月から4ヵ月にわたって繰り広げられた『チーズ総選挙!』。
記念すべき第1回の栄冠はコンテの頭上に輝きました。

気の早い話ですが、次回のチーズ総選挙ではコンテを王者の座から引きずり下ろすーズは現れるか、それとも他者を寄せつけることなく連覇となるか、ぜひお楽しみ!